一般社団法人岐阜県産業保健センター 岐阜県多治見市

一般社団法人岐阜県産業保健センター[岐阜県多治見市]

文字サイズ変更

  • 小
  • 中
  • 大

各種健康診断についてのご案内

産業保健センターでは各種健康診断を受け付けております。個人でのご利用も可能ですのでご利用下さい。

健康診断

一般健康診断
労働者・企業様に向けた一般健康診断です。

特殊健康診断
有害物質を取り扱う人や、リスクの高い作業を行う人が対象となった健康診断。

行政健康診断
約30種類の業務について、その業務を行う人が対象となります。詳細は中ページへ。

住民健康診断
高齢者の医療の確保に関する法律に基づいた特定健康診断等。

ご安心して受けて頂くことができます。

産業保健センターでは、その他がん検診やマンモグラフィーなど、ご希望にあわせた検診をお受け頂く事ができます。下記はお受け頂ける検診の一例です

乳がん検診

乳がん検診

乳がんは女性が患うがんの中で最も多いがんで、近年増えています。一生涯に一度は乳がんになる女性は数年前までは二十数人に1人と言われていましたが、最近では15人に1人とされています。
乳がんが発生しやすい場所としては、乳首を中心に乳房を5つに分けると、一番多いのは乳房の外側の上の方(全体の50%)、次いで内側の上、外側の下、乳首付近、内側の下の順です。

乳がん検診の対象者
40歳以上
受診間隔
2年に1回
主な検診内容
問診、視触診、乳房X線検査(マンモグラフィ)、乳腺超音波検査
検診の検査結果
検査結果は、検査後10日~1ヶ月ほどで通知いたします。

前立腺がん検診

前立腺がん検診

前立腺がんとは、男性だけにある前立腺という臓器が癌になってしまう病気で、男性の部位別罹患数では胃・肺・大腸に次ぐ第4位となっています。
癌細胞が前立腺の中心あたりを通っている尿道から、離れている外腺というところにできるため、初期症状に気付きにくいと言われています。
そのため早期での発見が少なく、癌が進行してから気付くことが多いので、早めの検査が必要です。

前立腺がん検診の対象者
40歳以上
受診間隔
年に1回
主な検診内容
血液検査(血中PSA測定)
検診の検査結果
検査結果は、検査後10日~1ヶ月ほどで通知いたします。

大腸がん検診

大腸がん検診

大腸の全長は約2mで、大きく結腸、直腸と肛門の3つに分類されます。
食べ物は、小腸から大腸に入ると、まず盲腸をとおり、上に向かう上行結腸、横に進む横行結腸、下に向かう下行結腸、そこからS字状に曲がったS状結腸を通って直腸を下って肛門から排出されます。
日本人の大腸がんの発生率は、直腸が35%でもっとも多く、次いでS状結腸の34%、上行結腸で11%、横行結腸で9%、盲腸で6%、下行結腸で5%となっています。
大腸がんの死亡数は食の欧米化の影響か増加傾向にあり、今後も増加すると予想されています。
しかし、早期に発見して治療すればほぼ治癒が可能ながんです。

大腸がん検診の対象者
40歳以上
受診間隔
年に1回
主な検診内容
問診、便潜血検査(免疫法)
検診の検査結果
検査結果は、検査後10日~1ヶ月ほどで通知いたします。

胃がん検診

胃がん検診

胃がんは食生活ととても関係が深く、食塩の過剰摂取がひとつの原因でもあります。
食事や生活習慣の変化から、若年層には少なくなっていますが、人口の高齢化を反映、死亡数や罹患数は決して少なくありません。
胃がんはとくに日本人に多いがんで、1998年に肺がんに追い抜かれるまでがん部位別死因のトップでした。現在は部位別死因の2位ですが、罹患率はトップで、患者数はもっとも多いがんです。

胃がん検診の対象者
40歳以上
受診間隔
年に1回
主な検診内容
問診、胃部X線検査(最低8枚。通常8~10枚)
検診の検査結果
検査結果は、検査後10日~1ヶ月ほどで通知いたします。

ページの先頭へ